interview02 - yamamoto ryoji

美容室店長

山本 諒二(やまもと りょうじ)

自分にふさわしいライフスタイルで心地よい空間をつくる

この店を始める時、従来の美容室っぽいイメージとは違うものにしようと考えました。お客さまとの距離が近くて、家にいるみたいにリラックスできる雰囲気をつくりたかった。あとはそこに好きなものを取り入れたりと、くつろげる空間づくりを心がけましたね。

僕は25歳で独立したんですが、当初は一人でやっていました。でも今はスタッフみんなで社員旅行に行けるまでに成長できてうれしいです。目指しているのは、きちんとスタッフに還元できる職場づくりです。働き詰めだと自分磨きの時間も確保しにくいし、売上がアップしたら休日を増やして、みんなが学べる環境を整えていきたい。もっと店のブランディングをしながら、スタッフと共にいい変化をしていきたいです。

日々の中であまり大変さは感じたことがありませんが、自分の作品づくりの方向性と、経営者としてやらなければいけないことの板挟みで悩むことはありますね。そんな中でも、お客さまから「あなたなら間違いない、全部お任せします」という言葉をもらえる時はうれしいし、モチベーションアップにもつながります。

周りは僕を“必死な人”だと感じてるんじゃないかな。同じ世代の人は30代前後で独立するんですが、僕は早かったから。何をするにしても、自分がどうなりたいのか、どう生きていきたいのかが大事だと思います。だから自分や周りを含め、ライフスタイルをどう確立していくのかは、意識して考えています。

Snap shot

休日は業界誌の撮影や、セミナーに行ったり普段のサロンワークではない美容師の仕事を楽しんでいます!

美容室店長

山本 諒二(やまもと りょうじ)

平成16年 美容科卒業

profile

山口県出身。山口県下松市立末武中学校卒業。さまざまなコンテストでの受賞歴を持つ。カットを得意とし、カジュアルやモードなどお客さまの好みや雰囲気に合うスタイルづくりを心がけ、現在は店長兼スタイリストとして活躍中。

My Work-Place

terrace
http://terrace.appsta.jp/apps.html

優しくアットホームな雰囲気に包まれた実力派隠れ家サロン。アンティーク調のインテリアはどれも山本さんのこだわりが光り、まるでカフェにいるかのよう。