interview34 - Ochi Haruna

コンシェルジュ

越智 陽菜(おち はるな)

「結婚式をつくる楽しさ」を後輩に伝えていきたい

「お役に立てた」という実感がやりがいに変わる。

コンシェルジュとして、神奈川の「アニヴェルセル みなとみらい横浜」で働いています。私の役目は、結婚式の当日にご新郎ご新婦の親御様に付き添い、一日の流れを先回りしてご案内することです。親御様は緊張して会場に来られていることが多いので、少しでもリラックスしていただけるように、たくさん会話をすることを大切にしています。そしてその会話のなかから親御様の情報をより多く得て、できる限りご意向に沿えるように行動しています。お帰りの際に「安心して過ごせました」という言葉をいただけると、「お役に立てた」という喜びや、やりがいを感じます。

学生時代の経験が仕事に活きている。

入社前に想像していたイメージ通りに働けています。ベルェベルの先生方が現場を経験していらしたので、就職前からいろいろな体験談を聞いていました。実際に「これ、先生のアドバイスにあったな」という場面によく遭遇しますね。婚礼知識をつけていたので、就職後にはそれが自信となり落ち着いて対応できています。専門用語や衣装、結婚式の一日の流れを覚えたり、授業中にチーム制で動いたり、結婚式のロールプレイングの経験を積んできたからこそ、今があります。実際の現場にかなり近い環境で学んでいたんだと、今あらためて実感していますね。

正解がない=可能性がある仕事。その楽しさを伝えていきたい。

今の目標は一つの結婚式をみんなでつくり上げる楽しさを、後輩に伝えていくことです。入社後間もないときには、「結婚式にはこれが正解」という明確な答えがないがゆえに、何をゴールにして、どう動いたらいいかわからなくなるときもありました。でも、先輩たちに教わるなかで「逆を言えば制限のない、可能性のあるお仕事だな」と気づきました。お客様のためになることをみんなで考えて、困ったときには相談し合うことが大切。私が先輩にしていただいたように、後輩にはのびのびと、そしてしっかりと仕事ができるようメリハリをつけてサポートをしていきたいなと思います。

コンシェルジュ

越智 陽菜(おち はるな)

ウエディングビジネス科卒業

profile

現在はアニヴェルセル株式会社「アニヴェルセル みなとみらい横浜」にて勤務。
人と会話をすることが好きで、接客業に興味をもつ。高校卒業後、専門学校に入りしっかりとテクニックを身に着けようと決めた。専攻にブライダルを選んだのは、接客の現場でのおもてなしを学びたかったから。結婚式場で働くのは楽しそうだと思ったことも理由の一つ。その後、さまざまな専門学校を見て回り、就職後のことを一番相談しやすかったベルェベルで学ぼうと決めた。

My Work-Place

アニヴェルセル株式会社
アニヴェルセル みなとみらい横浜
http://minatomirai.anniversaire.co.jp/