interview29 - Fujiwara Chiho

ウエディングプランナー

藤原 知穂(ふじわら ちほ)

新郎新婦との絆を紡ぎ、お二人ならではの結婚式を実現

一生モノのお手伝いが出来るウエディングプランナー

中学生の時、将来の進路を考えるにあたって世の中にどんな仕事があるのかを探していて、ウエディングプランナーという職業を知りました。それまで特に将来の夢など無かったのですが、調べれば調べるほど、一生モノの幸せのお手伝いができる、こんな素敵な仕事は他に無いと思うようになり、ウエディングプランナーへの憧れが強くなっていきました。

理想の空間を創り上げる

新郎新婦に寄り添い、お二人らしい結婚式を実現することです。そのため、まず一回目の打合せで、お二人のプロフィールや出会いのきっかけ、思い出などを伺います。それから、結婚式のテーマを決め、演出や会場アレンジなどを考えていくんです。例えば、初デートとして愛車のバイクで出かけたお話をしてくださったお二人には、その思い出を再現しましょう! とご提案。実際、お色直し後の再入場をバイクで行ってとても盛り上がり、お二人にもゲストにも喜んでいただけました。また、打合せを重ねる中で、新郎新婦の方から演出や会場の装飾についていろいろとご要望をいただくことも多いですね。私のモットーは、お二人の希望は全て叶えること。例えちょっと難しい装飾でも引き受け、自らの手で飾り付けながら、理想の空間を全力で造り上げていきます。

お客様との出会いを大切に、信頼される人間になる。

今後はお客様とのつながりを大切に、さらに信頼されるウエディングプランナーとしてスキルアップしていくことです。目指しているのは、挙式後もずっと続いていくような関係性。実際、そうやって未だにメールや年賀状のやり取りをさせていただいているお客様も多く、今後も一人ひとりとの出会いを大切に積み重ねていきたいと思っています。また、私が勤めている「KOTOWA 奈良公園 Premium View」は、今年の7月にグランドオープン予定の新しい会場。そのため、まずは無事にオープンを迎え、ここを奈良で一番の結婚式場にする! というのも、今抱いている大きな目標の一つです。立ち上げに関わるということは、通常の業務に加え、新郎新婦やゲストをどのように誘導するのかといった動線を考えたり、新たにマニュアルを作ったりすることも、ウエディングプランナーの役割になるんですよ。これは、私にとって今までにない新たな挑戦。一から作り上げる面白さややりがいを知り、さらに夢が膨らんでいます。

ウエディングプランナー

藤原 知穂(ふじわら ちほ)

平成26年 ウエディングビジネス科卒業

profile

株式会社ディアーズ・ブレインに就職し、現在は「KOTOWA 奈良公園 Premium View」にて勤務。中学生の時、将来の進路を考えるにあたって世の中にどんな仕事があるのかを探していたなか、ウエディングプランナーという職業を知る。それまで特に将来の夢など無かったが、調べれば調べるほど、一生モノの幸せのお手伝いができる、こんな素敵な仕事は他に無いと思うようになり、ウエディングプランナーへの憧れが強くなる。

My Work-Place

株式会社ディアーズ・ブレイン
KOTOWA 奈良公園 Premium View
http://kotowa-narakouen-premiumview.jp/