Bridal Lesson

「ジューンブライド」の意味ってなぁに?第2弾☆

ベルェベル神戸校

2017.04.24 Mon Bridal Lesson ベルェベル神戸校

ティアラ

神戸では桜のつぼみがぷっくりして参りました

春は目の前まで来ていますね(*^_^*)

 

以前にジューンブライドの由来をひとつご紹介しましたが、

今回はもうひとつの由来を紹介いたします

 

昔のヨーロッパでは3~5月は結婚できない理由がありました。

それは・・・

”1年の中で農作業が一番忙しい時期”

 だからなんです

稲穂

そんな時期に結婚式をすると農作業の妨げになるから

禁止されていたとか、、、

 

だから

その時期に結婚を決めたカップルは6月になるのを心待ちにしており、

結婚ラッシュとなっていたようです

 

街中で多くの結婚式が行われ、沢山の人に祝福してもらえる

”6月に結婚すると幸せになれる”という説です

あじさい

ちなみに、

ヨーロッパでは6月が一番天気が良い月なので、

”雨の降らない6月に結婚しよう”となったようです

 

日本では梅雨の時期になりますが、

『6月の花嫁は幸せになれる』 と聞くと素敵ですよね~


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ベルェベル神戸校のツイッターをフォローして、
Bridal Lessonブログの更新情報をGETしよう!!

また、 #BridalLesson で検索すると
過去記事もチェックできちゃいます

下のアイコンをタップして、さっそくフォロー

Twitter_2

オープンキャンパス