教員紹介Teacher

INTERVIEW04

TAKESHI KISHIMOTO

岸本 健史

ベルェベル大阪校
2年担任

これまでの経歴は?

ベルェベル大阪校を卒業後、大阪の大手ヘアサロンに入社。
2年目からは店舗サブチーフを務める。ヘアスタイリストとして活躍しながら社内企画部や技術部の部門長も務め、店舗運営やスタッフの技術向上にも尽力していた。美容師として7年勤務し教員の道へ。ベルェベルの教員歴は8年目を迎える。

INTERVIEWインタビュー

美容業界を目指した理由は?

人と接することが好きだったことと、この業界にキラキラしたものを感じたからです。
様々なお客様と接することが出来て、美を通して同じ時間を共有し、お客様のその先を輝かせることが出来るのがこの業界・仕事の魅力だと思います。自分の努力次第で、毎日が「ありがとう」という言葉に包まれるところも魅力であり、沢山の充実感を得られます。

教員を目指した理由は?

両親が教員だったので、生まれた頃から身近に感じていた職業でした。教育が好きということもありましたし、美容師として多くのことを経験し新たなチャレンジをしたいと思い教員を目指しました。

教員としてのやりがいは?

教員という仕事は、教育を通じて自分自身と生徒たちが共に成長していく実感を日々得ることができます。
この仕事を選んで何よりも良かったと思えます。

指導におけるこだわり

社会に出てからの数年しか役に立たないものではなく、生涯を通して活用できる知識、考え方を提供することを意識しています。
生徒たちが美容業界で成功を掴むための基礎をベルェベルで作ってあげたいと思っています。

MESSAGEメッセージ

人それぞれ人生における成功の定義は違いますが、美容業界を生きていく中で沢山のチャレンジと行動をして失敗や挫折を経験してください。
そして、それらを糧に挫けず続けた者だけが必ず成功する者となります。ともにベルェベルで成功者への道を歩みましょう。

この学科について詳しく見る!

その他のインタビュー