interview27 - Asami Risa

ウエディングプランナー

浅見 里咲(あさみ りさ)

何もない箱を演出する面白さはこの仕事ならではのもの

プランナーという仕事は結婚式では総監督的な役割を担います。当日も写真、音響、映像、美容、衣装、サービススタッフ、司会者など総数約30~40人のスタッフを束ねていかなければいけません。団結力やチームワークがすごく大事なので、常に周りに気を配って、全員で同じ情報の共有をすることを心がけています。

今はインターネットで何でも情報を得ることができるので、豊富なアイデアを持つ方が多いんですね。最初はそういった方への対応力が追いつかない部分があり、悩みました。でも先輩の結婚式を見たり、知人の結婚式の打ち合わせに同席させてもらいながら学び、だいぶ成長しました。当日は何が起きても時間だけは過ぎていくので、進行はしっかりとシミュレーションします。前日までに全ての準備をして、次の行動を先読みして備え、自分がやるべきことを頭の中で整理しておくことが必要ですね。

お客さまから「あなたでよかった」といわれた時は、うれしかったですね。やっぱりお客さまも壁にぶつかるし、スムーズにいかない時もあるんです。でも準備期間内に一緒に打ち合わせを重ねて、アイデアを積み上げていくし、ゼロを形にできる喜びがあります。空想でしかなかったものを具現化できる楽しさは、この仕事の醍醐味だと思っています。

今後は海外ウエディングを手がけてみたいです。あとは母校が大好きなので、先生になって同じ業界を目指す生徒の、道標のような存在になりたいですね(笑)。

Snap shot

友人とのディナー。リッチなお店の接客を見るのも、仕事に生かされています

ウエディングプランナー

浅見 里咲(あさみ りさ)

平成25年 ウエディングビジネス科卒業

profile

兵庫県出身。兵庫県立松陽高等学校卒業。
在学中はクラスリーダー業務に熱心に取り組みグループワークの大切さを培う。「母校が大好き!」とはじける笑顔が印象的で、夢はベルェベルの講師になって後輩を育成することと語る。

My Work-Place

ブリリアント・ザ・シーサイド 芦屋
http://www.brilliant-seaside.com/

爽快な芦屋マリーナを見渡す大聖堂と、好みで選べる4つの大邸宅を擁するウエディング空間。抜群のロケーションで海・空・緑が祝福する贅沢な一日が過ごせる。